会社案内 ・・・ ご挨拶 ・・・ 社名の由来 ・・・ 所在地 ・・・
ご挨拶

すぴか書房は編集者として看護の世界にかかわってきた一個人の30年余の歩み−医書出版社に職を得て、著者・読者と接し、その実践の意味について考え、ケアや援助の思想に魅了され、時にはその反動で現状への批判を強めることもあった−を前史とします。出版社としてのスタートは2004年5月1日(初めての新刊2冊の発行日)でした。編集者1人ですべてをまかなうsimpleな会社です。まだ刊行点数も少なく、事業に関しては大海に漕ぎ出した小舟さながらの心細さですが、初心忘れるべからずの自戒もこめて、ここにご挨拶申し上げます。
出版方針としては、第一に看護書のオリジナル企画に重点を置きます。ただし、関心の幅を狭く限定するつもりはありません。専門や領域の枠にとらわれてテーマをたわめてしまうことのないように気をつけます。むしろ目指すべきは、既成の枠組を超えて新しい地平を拓くような自由さへと、闊達に抜け出ることです。それは看護がより豊かに深化する道にもつながっているように思います。新刊点数は、年間4〜5冊が精一杯でしょう。多くは出せませんが、一冊一冊の目的を大切に、著者と力を合わせて、特色の際立った本づくりに努めます。
「本ばなれ」「出版不況」と言われて久しく、出版業はますます厳しい風にさらされていくことを避けられないと思います。しかし、すぴか書房は本の将来に希望をもっています。状況の厳しさを「本の真価が問われている」と受け止めれば、一寸の虫に五分の魂、意気に感じて挑戦したくなります。出版方針や本の可能性についてご意見ご要望がございましたら何なりとお寄せください。皆様と一緒に試行錯誤してまいる所存です。
すぴか書房の出版活動に何卒ご注目いただけますようお願い申し上げます。

有限会社すぴか書房 
宇津木 利征

 《すぴか書房のモットー》
  ■独創的な出版活動。Original Publisherをめざします。
  ■著者に最高の仕事を求めます。
   出版物はその結晶であることを銘記して編集・製作にあたります。
  ■正確さを第一に、簡素で美しい造本に努めます。


ご意見・ご希望
このページのトップへ
社名の由来

すぴかは春〜夏、南の空に昇るおとめ座の1等星。響きは耳に美しく、純潔な精神性と、ささやかな希望への意志を喚起します。 日本名は真珠星。
白く清楚に輝く星・・・・・・出版物が高貴なる魂の結晶であることを願って!!
Spicaはラテン語で麦の穂。ギリシア神話で天のおとめ座になった正義の女神アストライアは、手に麦の穂を持つ姿に描かれます。そこに位置する星の名がspicaすなわち麦穂星。
麦は冬の間に育ち、最も早く、私たちを養う豊かな実りをもたらします。踏まれることで強くなり、空に向かってまっすぐな茎を伸ばす麦に、出版の理念を託しました。石原吉郎詩集に、「いっぽんのその麦を  すべての過酷な日のための  その証しとしなさい」とはじまる、『麦』と題する詩があります。
    「………
     穀物であるまえに
     勇気であったから

     上昇であるまえに
     決意であったから

     そうしてなによりも
     収穫であるまえに
     祈りであったから
           ………」
勇気、決意、祈りを創業の原点といたします。すぴか書房は、出版物という麦穂を支える一本の「しずかな茎」でありたいと思います。

所在地
〒351-0114 埼玉県和光市本町2-6 レインボープラザ602
TEL:048-464-8364
FAX:048-464-8336
アクセス:東京メトロ有楽町線・副都心線、東武東上線「和光市」駅 徒歩1分
このページのトップへ

HOME | 出版目録ご注文ニュース ログ編集雑記会社案内プライバシーポリシー| サイトマップ
Copyright 2004- SPICA-SHOBAU. All rights reserved