阿保順子 佐久間えりか [編]
B5判 176頁 2色刷 定価(2,400円+税)
ISBN978-4-902630-13-8
統合失調症の急性期に焦点をあわせた看護の手引き。いまだ本書に匹敵する類書なし。初版以来大きく変化した法律の解説を差し替えました。
【内容紹介】
統合失調症急性期治療の要は、 一貫した方針の下に確かな手厚いケアを提供することです。しかし、そのような看護をしたいと願いながらも、日々の臨床では、援助になっているのだろうか?もっと有効な手立てはないのだろうか? という疑問や悩みが渦巻いています.。
……本書は、それにしっかりとこたえます。
ケアの担い手である看護者の基本的考え方は、とりわけ精神科領域においては重要な意味をもちます。ですから、理屈抜きのハウ・ツー本は、使いやすそうにみえても、実は役に立たないことが多いのです。本書の特徴は、統合失調症急性期看護の「なぜ」「何のために」「どうするか」を明快に解説しています。
……「わかれば、できる。」のです。
発病(急性状態)時から寛解期後期までの各段階別と、患者の状態別の2方向から、必要な看護をひくことができ、立体的な理解により、有効なケアプランが作成できます。本書の考え方をチームで共有すれば、急性期も確かな見通しをもってケアを展開できるでしょう。
【編著者紹介】 あぼじゅんこ北海道医療大学看護福祉学部教授
さくまえりか:北海道医療大学看護福祉学部准教授
【目次構成】
はじめに
第1部 統合失調症急性期看護総論
第2部 ケアの方法
−統合失調症急性期看護マニュアル−
◆回復過程の各段階における看護の原則と具体策
  発病(急性状態)時
臨界期
寛解期前期
寛解期後期
◆状態別ケアプラン 
症状群− 幻覚・妄想状態/疎通性の無さ/躁状態/ひきこもり/昏迷・亜昏迷状態
現象群− 興奮/攻撃・暴力/落ち着きの無さ/奇妙な行動/おびえ/自殺企図/自傷行為/激しい身体消耗
第3部 事例集
付録1 用語集
付録2 精神科看護に関連する法律
このページのトップへ

HOME | 出版目録ご注文ニュース ログ編集雑記会社案内プライバシーポリシー| サイトマップ
Copyright 2004- SPICA-SHOBAU. All rights reserved